ベローズ案内人のブログ

2005年2月24日木曜日

ステンレスでも手入れが必要

ステンレスでも手入れが必要

ステンレスは、特に美観と耐食性に優れている点が大きなセールスポイントとなり、飛躍的に普及してきました。
その成果一般的にステンレスに対し、錆びない鋼のイメージが強く印象付けられている為、全く手入れの必要がない金属であるかのように思われ、ステンレスに少しでもサビがみられると、まがい物のように言われる方もおります。

ステンレスは鉄やアルミニウムより耐食性に優れ、非常に錆びにくい金属ですが、成分はほとんどが鉄です。金や銀のように絶対に錆びない金属ではありません。使用条件や環境によって汚れる事も、錆びる事もあります。

ただステンレスのサビは、ほとんどの場合、塩分の付着や鉄粉の付着による「もらいサビ」であって、初期の段階では、表面部分ににとどまり、内部まで侵食される事はほとんどありません、早い時期なら簡単に除去でき、綺麗な表面に戻ります。それを永いあいだ放置しておくとサビが進行し穴があくこともあります。

このように成らない為にもステンレスといえども時々表面状態をチェックし、汚れやサビの手入れが必要です。

0 件のコメント: