ベローズ案内人のブログ

2005年2月25日金曜日

ステンレスの種類

ステンレスは鉄とクロムやニッケルなどの元素の合金す。
添加する元素の配合と含有量を調整する事によって特性が異なり沢山の種類のステンレスがつくられます。

ステンレスをその含有する成分によって分類するとクロム系ステンレスとクロム・ニッケル系ステンレスの二つの系列に大きく分類する事が出来ます。

クロム系ステンレスには鉄に約13%のクロムを含有する13クロム系と約18%のクロムを含有する18クロム系のものとがあります。

13クロム系の代表的なものSUS410カミソリ、包丁など刃物類に使われています。18クロム系の代表的なものSUS430洋食器、自動車などに使われています。

クロム・ニッケル系ステンレスには約18%のクロムと約8%のニッケルを含有した、18-8系ステンレス、その代表的なのがSUS304です。ステンレスの多くはこの鋼種です。
この他18-8系ステンレスにはモリブデン入りのSUS316がありSUS304より耐食性に優れています。

弊社のベローズやフレキシブルチューブは18-8系ステンレスのSUS304,SUS316Lを使用しています。

0 件のコメント: