2005年5月5日木曜日

バネ定数の低い伸縮管

 
三元ラセン管工業株式会社で製造している伸縮管は薄肉の金属(0.15mm~0.5mm)で成型しています。極低温から高温まで真空から高圧まで特殊材料であらゆるニーズに対応いたします。 高圧には2層、3層、4層構造の薄肉ベローズを使用します。 バネ定数が低く伸縮量が多く取れるので従来のものよりも短面間で同じ伸縮量を取れます。

従来の伸縮管(左)と薄肉の伸縮管(右)

バネ定数とはバネの伸び、縮みの変形に関係する弾性係数をバネ定数と言います。ベローズを伸縮させる時にどれだけの荷重が必要かを数値に表したもので数値の小さいほどベローズが柔らかいと言えます。

三元ラセン管工業 ベローズ


三元ラセン管工業㈱
・高圧ガス保安法による高圧ガス設備試験合格品の製作なら当社にお任せ下さい。

0 件のコメント: