2006年3月30日木曜日

大阪テクノマスター紹介冊子に兼綱が

 


大阪市経済局産業振興部発行の大阪テクノマスター紹介冊子に三元ラセン管工業の兼綱広が掲載されております。隣のページは同じe製造業の会の会員さんで抵抗溶接の開拓者、こだま製作所笹尾恭三社長です。
表紙の写真は我社の社員がフレキシブルチューブを溶接をしている写真でした。

大阪テクノマスターは優れた技能の継承発展と児童生徒にものづくりの楽しさや、大切さを伝えることなど、大阪のものづくり再生に寄与することも認定制度の目的ですからこれからは工場見学、体験学習などの活動も積極的に行ってまいりますので、工業高校等で計画を検討されておられましたら大阪市経済局産業振興部都市産業課にご相談ください。
 

0 件のコメント: