2007年2月13日火曜日

だるま市[14日市)

 
信州伊那市高遠町に300余段の石段を登った山の中腹に農業の神・成功の神の「鉾持神社」が有ります。旧暦の14日には五穀豊穣を祈る祈年祭が行われています。


その日参道には400年以上続いている縁起物の「福だるま」の露天が並び、福だるまを求める人々でにぎわいます。
ちょうどそのだるま市(14日市)に出会うことが出来ました。



信州の桜餅
小麦粉でクレープ状にして漉し餡使い、塩漬けした桜の葉を巻いた餅菓子で関西の桜餅とは違います。



中央アルプス、八ヶ岳の写真を掲載しています。

------------------
経営者会報ブログ
高嶋博@社長の日記

0 件のコメント: