2016年2月17日水曜日

伸縮管のホルダーを溶接中

 


伸縮管の溶接作業が最終段階
ベローズの溶接が終わりホルダーを溶接すればすべて終了、次のHeリーク検査と仕上げの工程に進みます。


Heリーク検査とは
ヘリウムリークディテクタを使って、Heガスを用いて溶接箇所の漏れを調べる検査です。 ヘリウムリークディテクタは真空ポンプでベローズ内を真空状態にし、ベローズの 外側からHeガスを吹きかけます。 溶接箇所に漏れがあると、そこからHeガスが真空中のベローズ内にガスが吸い込まれ、 ヘリウムリークディテクタに内蔵の分析管がHeを検知し、漏れを発見する検査です。




三元ラセン管工業 
BMB
社長の日記
Facebookページ
  

0 件のコメント: