2016年7月9日土曜日

ジャケット管とは、

フレキシブルチューブ2重管(ジャケット管)とは

フレキシブルチューブが外管と内管の二重構造になっていて、内管と外管の間にスチーム、温水、冷水等を流して本管(内管)の加熱または冷却するための配管部品

ジャケット管の構造には端末部まですべて外管で覆うタイプをフルジャケットと言い、端末部を絞ったタイプをセミジャケットと呼びます。



下の図面は50Ax80A ジャケット JIS10K50Aフランジ付  材質SUS304 チューブ・ブレード・フランジ・短管・ノズル(ニップル) チューブ板厚 50A,80A0.4mm 使用圧力 1Mpa 



セミジャケットの製造工程を社長の日記で紹介しています  >>>>>




 


大阪でいちばん人を大切にする会社づくりに挑戦中


三元ラセン管工業 
BMB
社長の日記
Facebookページ

0 件のコメント: