ベローズ案内人のブログ

2005年8月27日土曜日

フレキシブルチューブのブレード加工とは、

フレキシブルチューブのブレード加工とは フレキシブルチューブを取付けた配管の使用圧力が高いとチューブの外装にステンレスの細い線を組紐上に編みこんでチューブの伸びを抑えます。
この外装を施さない場合には柔軟性を持たすために波型加工したフレキシブルチューブが元の直管のパイプになってしまいチューブの柔軟性がなくなってしまいます。

フレキホースの伸び防止(使用圧力によって1重、2重、3重とします)、それとフレキホースの外面保護が目的です。
フレキホースの使用によってはステンレスの薄板やガラス繊維なども使用する場合もあります→三元ラセン管工業のチューブ外装を参照してください。
チューブ外装

このブレード加工は組紐の編み方と同じ方法で加工されます。



三重県組紐協同組合ページより
 丸 台
鏡(上板)と脚、下板とによって組立てられた台で、主に組み下げて組み進む。上板の穴から玉に巻いた糸を出し、組みあがった紐は下へさがってゆく。台の中では最小のものであるが、高台で組む一部のものを除いて、初歩的な単純な紐から唐組のように非常に複雑なものまでほとんどの組み方ができる万能な台といえる。すべての糸を締めながら組むので、ヘラで打ち込む紐と違った味わいがある。使える玉数に限界があるために、特別に作られた台を除くと柄の種類は少なく、逆に組目の美しさが持ち味となる。三重県組紐協同組合

0 件のコメント: