ベローズ案内人のブログ

2006年9月25日月曜日

光輝焼鈍とは、

光輝焼鈍とは、
連続光輝焼鈍炉はアンモニア分解ガスの雰囲気中を1050℃に加熱された炉の中を通って400℃に急冷し表面の酸化を防止し表面を光輝状態に保持する熱処理で、熱処理後の酸洗いは必要ありません。
続きはこちらより


経営者会報ブログ「社長の日記」4月13日の「金属は加工を繰り返すと加工硬化を起こし固溶化熱処理をしなければなりません。」の連続光輝焼鈍炉です。
写真の提供 (有)阪和熱工より

高嶋博@社長の日記

0 件のコメント: