ベローズ案内人のブログ

2008年7月18日金曜日

コロンビアの研修生が来社

国際協力機構(JICA)が1999年より中南米の日系人への技術協力を通じて、国づくりに貢献する事を目指し実施している事業「日系人研修(生産管理)コース」の委託を受けた太平洋人材交流センターがコロンビアの研修生に6月から3ヶ月間に渡って生産管理の研修を現在行っており、そのコースの中ので「開発管理」「社員教育」の取り組みと「工場見学」で3時間ほど三元ラセン管工業に訪問しました。

日本とコロンビアの国交が開かれたのが1908年で100周年を記念した色々な行いをしている中の一環としてこの研修も行われているようです。

コロンビア共和国は、コロンビアコーヒーぐらいしか知識がありませんでしたが、研修後DVDでコロンビアの紹介をしてくださいました。
三色の国旗の色は黄色は以前産出していた金、青は海、赤はスペインからの独立のときに流れた血を表しているそうです。

人口が約4200万人、首都ポゴタは人口が800万人、標高2600mで年平均気温が15℃ということで、研修生はこの日本の蒸し暑さに参っておりました。









お問い合わせは…06-6968-2037
三元ラセン管工業
▼経営者会報ブログ社長の日記
▼ビジネスマッチングブログBMB
▼BMBメディアギャラリー

0 件のコメント: