ベローズ案内人のブログ

2017年3月16日木曜日

フレキシブルチューブの修理

フレキシブルチューブの長い製品の場合には、長く使っていてチューブに割れが出た場合にチューブの修理依頼を頂くことがあります。

チューブは金属なので長く使うと金属疲労で割れが起こります。
金具の根元が一番先に割れてしまうのでその部分を切り取って新しい金具を溶接で取り付けます。

写真は40Ax1Wx6M 両端SUSニップルの製品の片側に新しい固定ニップル(オスネジ)が取り付けられた製品で、これから検査に回ります。




ブレードに錆が出始め擦り切れている個所もあります。







社長インタビュー >>>>>>
  
経済産業省 2006年 「IT経営百選奨励賞」受賞
経済産業省 2008年、2009年、2010年度 「IT経営実践企業」認定 
2007年 近畿経済産業局 KANSAIモノ作り元気企業100社
2009年 大坂のものづくり看板企業193社
2009年 関西IT百撰 最優秀企業賞 受賞 
2009年 デル・スモールビジネス賞 国内部門優勝
http://bizmakoto.jp/bizid/articles/0909/30/news095.html
2010年 大阪市きらめき企業賞 受賞
2016年 大阪府「ウェルワーク2015」に認定

大阪でいちばん人を大切にする会社

0 件のコメント: